「独自の強みを持つ、地域に根付いた中小零細企業の魅力」を発信する情報発信ポータルサイトです。

岡崎コレクション Presented by 青経連
Okazaki collection by SEI KEI REN

企業インタビューページは、青経連と岡崎女子短期大学による産学共同事業です。
岡崎女子短期大学生が青経連加盟の各企業を取材し、学生の視点で発見した各企業の魅力を発信するページです。

企業インタビュー

紺野反毛工場
  紺野裕司 様

感謝をカタチに今日も綿を作り続ける

>>企業情報へ

職場の雰囲気

「従業員同士の距離感が近く家族のような雰囲気です。」

働きがい

「他者にはできない仕事をしているのでお客様から感謝されることが多くとてもやりがいがあると思います。

将来性

「白綿を唯一取り扱っているためこれからも必要とされ続ける企業だと思います。」

会社の経営理念はなんですか?

世の中の役に立つ綿を作ることとネバーギブアップです。うちに来る繊維っていうのは、世の中の捨てられてしまうものです。
どんなにいいものでも綿にしかなりませんから。だけどそれがもう一回いろんなものに使ってもらえるっていうことはありがたいことで、ただ、綿にするのは苦労があるわけです。苦労があった分できたときはやっぱりうれしいものです。





従業員数を教えてください

従業員、パートまで入れて6人です。


創業の歴史を教えてください

屋号が違う頃があったけれど、紺野反毛としては1950年くらいなので70年くらい経ちます。


前の屋号はなんでしたか

鈴木反毛工場でした。「旭日綿機」の方が鈴木さんで、あそこがモデル工場でうちの親父が工場長をやっていました。
それでのれん分けみたいな感じで何年かやったけどそのあと紺野反毛になりました。





創業当時の状況を教えてください

今は丸山町だけど以前は栄町に工場がありました。6年ぐらい前に工場が火事になってしまったので移転しました。栄町の時は倉庫を入れて200
坪ぐらいの工場だったかな。創業当時は、今と違い電気ではなくて水車の回転を動力として使って綿を作っていました。
その後、空気の力というか風車を利用していましたモーターが出来ました。その後技術発展により自動化されるようになりました。創業当初から原理自体は変わっていないので先代の知恵は素晴らしいと思います。





紺野(一希)さんの祖父が創業者ですか

そうですね。今は叔父が社長です。厳密にいうと紺野という屋号のつく会社が2つあり紺野反毛と紺野繊維産業です。反毛と物流があるので、一緒にやっていることは確かなのだけど。

紺野反毛で製造して、紺野繊維産業で完成した綿を配達しているのですか?

紺野繊維産業では基本的に仕入れと出荷と物流を行っています。


紺野繊維産業では、紺野反毛で仕入れてきた製品を加工するというのが本業ですか?


二通りあります。一つ目は、メーカーさんに、トラックに不要になった製品を積んで私のところに持ってきてもらい、持ってきてもらった製品を私どもが
綿加工して、完成した綿をメーカーさんにもっていってもらう方法です。もう一つは、私が取引先に原料を直接取りに行って、加工して綿として売る方法です。


紺野反毛さんになられてからの歴史を教えてください


昔は、学校で使うモップ用の綿を主に作っていました。それに加えて、手袋の仕事などを少しやっていました。


モップ用の綿を作っていたのですか?


シャツの余った切れ端やそれを作るときの糸くずを利用してモップを作っていました。現在ではモップ、手袋、フェルトなどの詰め綿や医療関係に使われている綿も作っています。


災害や火事などをどのように乗り切りましたか?


周りのお客さんからの「この会社がないと困るから何とか再開してくれ」という言葉があったから乗り切ることができました。その言葉がなかったら土地売っていたと思います。周りの機械屋さん、カット機屋さん、建築屋さん、みなさんが他の仕事を差し置いてでも協力してくれました。
他の同業者の反毛屋さんが、どうしてもやれない綿は別として手伝ってくれて、本当に頭が下がりっぱなしでした。その時に人のやさしさを実感しました。


会社に入られる前は何をされていましたか?


一希:鉄道会社に就職して、車掌をしていました。6年前に火事があったタイミングで、やる人が減ったので手伝うことを決めました。

ライバルはいますか?


白を主体としてやっているところは周りにほぼないのでライバルは特にいないです


会社自体の売り上げについてどうお考えですか?


売上を多くして儲けるのが一般的ですが、うちはお客様との距離を大切にしたいと考えているのでお客様の「ありがとうございました、助かりました」という声が一番の利益です。


現在はどのようなお仕事をされているのですか?


社長:現在どちらかと言うと、反毛としては特殊な仕事だと思います。CMなどの吸い取り心地の良いコットンみたいないわゆる脱脂綿のようなものを主に作っています。非常に作るのに労力を費やします。
端切れが一定のものならいいのですが、厚いもの、薄いもの、柄のもの、メッシュのものなどを一定のものに変える、それがなかなか苦労しました。
でもやっぱり苦労して出来たものは、お客様も喜んで使ってくれます。メイン以外だと、詰め綿ですかね。他の反毛屋さんでは、様ざまな理由からカットができないそうで、そこを私の会社が機械を改良してやっています。


学生

企業情報

企業名

紺野反毛工場

代表者名

紺野裕司

所在地

〒444-0006
愛知県岡崎市丸山町岩ノ本

TEL

FAX

>>企業情報へ

・ニチモウ商事株式会社

・㈱ハスピージャパン

・有限会社宇津野組

・株式会社 花徳

・丸三建設 株式会社

・弁護士法人御園総合法律事務所

・高尾石材店株式会社

・紺野反毛工場

・株式会社 新美利一鉄工所

・中部システムビジネス株式会社

・株式会社 鈴六

・浦上建設株式会社

・ののやま税理士事務所

・株式会社建築設計稲吉

・株式会社 水野電機

・有限会社稲垣石材店

・DOZING HAIR SCRATCH

・レンテック大敬

・有限会社 金原商店

・株式会社 アーツ・ラボ

・(株)享成自動車学校

・大法紡績有限会社

・(有)魚憲商店

・有限会社 城南インテリア

・有限会社磯貝彫刻

・㈲渡瀬工業

・株式会社 横山商店

・ふじ行政書士事務所

・東海フーズ株式会社

・アトリエ アンジェリーク

・梅村設備株式会社

・有限会社林鐵工所

・弁護士法人 原田真典法律事務所

・株式会社 ヌカタ製作所

・懐石 亜津佐

・有限会社近藤孝商店

・有限会社 山田管工

・山崎建設 株式会社

・株式会社中日設計事務所

・株式会社高須石材工業所

・株式会社GLH.

・有限会社 ライフ・ルネッサンス

・株式会社 大久保東海

・株式会社松屋コーヒー店

・有限会社 上野石材

・やはぎ川

・株式会社 リードル

・藤建設工業 株式会社

・鶴田法律事務所

・合資会社 栄反毛工場

・ふとんの野畑屋

・株式会社三龍社

・長誉館・おかざき塾

・美容室 Bitte bitte(ビッテ.ビッテ)

・(有)タカス水道設備

・株式会社NECS

・有限会社 丸吉 吉田石材

・サルヴァトーレ

・HAIR CREATE CLEAR(ヘアクリエイト クリア)

・和亭 やなぎ

・カトウ重機有限会社

・渡辺設備 株式会社

・ハチスカ株式会社

・日本石材工業新聞社

・岡崎住設株式会社

・地方卸売市場 岡崎魚 株式会社

・株式会社 東海愛知新聞社

・高田商事株式会社・岡崎支店

・株式会社 東海機械製作所

・株式会社 六高工業

・㈱こもれびネットワーク

・株式会社 山明

・有限会社 善雅

・㈱岡田鉄工所

・(株)ワンワン

・味波

・株式会社あいち補聴器センター

・株式会社江山自動車

・有限会社 杉本石材店

・山本機料株式会社

・株式会社 ニホンサービス

・尾崎工業株式会社

・有限会社 ハヤシ設備

・(有)水月

・日本中央交通株式会社

・三建工業株式会社

・鳥居(稔)石材店

・株式会社 たげんご

・農業生産法人 磯田園製茶株式会社

・美容室 BE-CRAFT(ビークラフト)

・株式会社片岡機械製作所

会社名など興味のあるキーワードで検索してください。

青経連とは

岡崎市

岡崎ビジネスサポートセンター