「独自の強みを持つ、地域に根付いた中小零細企業の魅力」を発信する情報発信ポータルサイトです。

岡崎コレクション Presented by 青経連
Okazaki collection by SEI KEI REN

企業インタビューページは、青経連と岡崎女子短期大学による産学共同事業です。
岡崎女子短期大学生が青経連加盟の各企業を取材し、学生の視点で発見した各企業の魅力を発信するページです。

企業インタビュー

株式会社片岡機械製作所
代表取締役 片岡峰行 様

前人未到の形状に挑み、ひるむことのない開発を目指すプロフェッショナル。世界シェア60%はダテじゃない

>>企業情報へ

工場を見学させていただき、図面から製品が出来上がるまでのものづくりの行程が良くわかりました。では、最初に創業のきっかけを教えてください。



祖父が戦後に大阪から岡崎に出てきて、軍需産業が衰退し、使わなくなった旋盤などを、オーバーホールして売っていたのが始まりです。しだいに自社でも旋盤を作るようになり、ある程度の規模になりましたが、競争が激しく、やがて数では対応しきれなくなり、結果、現在のピストンリング加工専用機を製造する工作機械メーカーとなりました。


片岡さん自身がここで働こうと思ったきっかけは何ですか。



末っ子でしたが、他に血縁者が社内に居なく私に勧めがあり、私自身、身を固めるにはいい機会と思い承継しました。


仕事を始めて何年になるのですか。



約10年です。


仕事の中で印象的な出来事は何ですか。



現場にいたころ、よく海外出張をしました。異文化の人と仕事をする苦労を痛感したことです。

例えば、中国へ出張すると、「時間になっても会議が始まらない」、「人が集まらない」、「商品が予定通りに届かない」などのことは印象的でした。さらには、現場で道具類の紛失も頻繁にありました。

また、ヨーロッパでは、昼食時にビールを飲む自由な現場が多かったことが印象的です。

仕事をするうえで大切にしていることは何ですか。



品質のいいものを作ることです。納期が迫ると、焦りから雑になります。慎重に焦らず丁寧にこなすことを心がけていました。

今は生産管理をしていますので、心がけていることは、納期の厳守と、「報連相」の実行です。例えば、外注に図面を出すだけでは、到底完成度が低く、難しい図面になれば成る程、綿密な打ち合わせの上、心配要素を徹底的になくします。


仕事の中で魅力的・面白ことは何ですか。



受注から設計・手配・加工・組立・電気調整・試削・検収・出荷・現地立会、最初から最後まで全部が見えることです。


逆に大変だったところ、つらかったところはありますか。



納期が短く、急いで作らないといけないときは、夜通し作業になり、夜中3時まで仕事をしたこともありました。また、失敗したり、納期に間に合わなく、怒られた時も辛かったです。


仕事を継ぐために特に頑張ったことは何かありますか。



最初は、現場作業からでしたし、掃除もやりました。今でもやりたいですが、現場で真っ黒になり、がむしゃらに働きました。現場作業には危険も伴いますが、危険は自己管理次第で対処はできるものです。


「ひるむことのない開発」と資料に書いてありますが、最近はどんな物を開発しましたか。



ピストンリング専用機がメインですが、長いカムシャフト加工機を手がけるようにしています。一般的な形ではなく、異形状のものを加工する機械に特化したいです。

単純な丸い形であればそれほど技術はいらないのですが、卵型・洋ナシ型の異形状は、職人でも難しく、それらをCNC化して、加工をすることを積極的にしていこうと考えています。製造を一貫していることと、特殊な形の技術を得意としていることが「ひるむことのない開発」に繋がります。


現在取り扱っている機種の種類はどの位ですか。



約100機種です。


輸出は中国向けが多いですか。



ここ1、2年は、6割以上が中国です。世界経済を引っ張っているのは中国だと痛感する瞬間でもあります。ここ数か月は先進国・新興国を問わず、工程の集約化・無人化の要望が各国から求められています。


特注で機械を作ることもあるのですか。



あります。特注で機会を製作する場合、採算ベースに乗せることは、非常に難しいですが、新しい技術が生まれるので、積極的に挑戦しています。現状維持=衰退と当社は考えており、無理をしてでも新規のものに挑戦しようとするのが、当社の方針です。

設計から製造まで一貫して当社でできることが強みです。


今後の夢としては規模を大きくするというよりは、技術を上げるということですか。



大きくするよりは、同規模で高付加価値なものを作っていきたいです。


ピストンリング製造機械で世界シェア60%とのことですが、こちらから営業するわけではなくて必要としているメーカーのほうから引き合いが来るのですか。



世界シェアが60%と言われていますが、現実、日本国内でピストンリングのメーカーは3社しかないですし、ドイツのメーカーの技術力が高い。ただ、お客様は、当社の製品を一度使って、品質の良さを分かっているので、最終的には、当社が選ばれています。ただ、世界シェア60%って言われるのは、大げさな言い方だとは思っているんですよ。


若い人は海外へ出たほうがいいと思いますか。



思います。やはり日本だけではなく異文化を知ることは大事です。私は、高校を卒業してすぐ、アメリカに1カ月ほど滞在したことがあり、色々な文化を知るいい経験をしました。


アメリカ、中国、のほかにはどこへ行きましたか。



取引先が23カ国ある中で、その内、アメリカ、中国、韓国、台湾、インド、インドネシア、スウェーデン、ポルトガル、タイに行きました。


いちばんその中で良かった国はどこですか。



ポルトガルです。ヨーロッパのイメージは、古い町並みと思っていましたが、実際は、石畳の街で、古い教会あり、街並みの綺麗な景色が印象的でした。女性に人気があるのがわかりましたね。町を歩いているだけで観光気分です。


これから行ってみたい国はありますか。



イスラエルに行きたいです。

危険なイメージがありますが、IT産業が盛んです。製造業でも、刃物、チップなどのメーカーがイスラエルにあり、斬新なアイディアがいっぱい出てくる国で、ぜひ一度、イスラエルに行きたいと思っています。

他には、北朝鮮も一度行ってみたいです。この国が良くなれば人件費も安いので、工業都市としの可能性があります。大企業の人でも北朝鮮に工場建てたいという話をよく聞きます。

学生向けに・学生のうちにやっておいた方がいいことがあれば教えてください。



昔から、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とよく言われますが、その通りです。様々なアルバイトをして、社会の仕組みを知る。それが大事なことだと思います。勉強も大事だと思いますけど。


必要とする人材はどんな人ですか?



限界を決めつけず、新しいことにチャレンジできる職人意識な人がいいですね。


〜現状に満足することなく、新しい技術に挑戦しながら品質を追求する、そんな姿勢が多くのお客様に支持される理由なのだと感じました。ありがとうございました。〜

インタビュアー:岡崎女子短期大学経営実務科2年 太田、一森
写真:同1年 房本

企業情報

企業名

株式会社片岡機械製作所

代表者名

片岡 勲

所在地


TEL

FAX

>>企業情報へ

・(株)享成自動車学校

・大法紡績有限会社

・(有)魚憲商店

・有限会社 城南インテリア

・有限会社磯貝彫刻

・㈲渡瀬工業

・株式会社 横山商店

・ふじ行政書士事務所

・東海フーズ株式会社

・アトリエ アンジェリーク

・梅村設備株式会社

・有限会社林鐵工所

・弁護士法人 原田真典法律事務所

・株式会社 ヌカタ製作所

・懐石 亜津佐

・有限会社近藤孝商店

・有限会社 山田管工

・山崎建設 株式会社

・株式会社中日設計事務所

・株式会社高須石材工業所

・株式会社GLH.

・有限会社 ライフ・ルネッサンス

・株式会社 大久保東海

・株式会社松屋コーヒー店

・有限会社 上野石材

・やはぎ川

・株式会社 リードル

・藤建設工業 株式会社

・鶴田法律事務所

・合資会社 栄反毛工場

・ふとんの野畑屋

・株式会社三龍社

・長誉館・おかざき塾

・美容室 Bitte bitte(ビッテ.ビッテ)

・(有)タカス水道設備

・株式会社NECS

・有限会社 丸吉 吉田石材

・サルヴァトーレ

・HAIR CREATE CLEAR(ヘアクリエイト クリア)

・和亭 やなぎ

・カトウ重機有限会社

・渡辺設備 株式会社

・ハチスカ株式会社

・日本石材工業新聞社

・岡崎住設株式会社

・地方卸売市場 岡崎魚 株式会社

・株式会社 東海愛知新聞社

・高田商事株式会社・岡崎支店

・株式会社 東海機械製作所

・株式会社 六高工業

・㈱こもれびネットワーク

・株式会社 山明

・有限会社 善雅

・㈱岡田鉄工所

・(株)ワンワン

・味波

・株式会社あいち補聴器センター

・株式会社江山自動車

・有限会社 杉本石材店

・山本機料株式会社

・株式会社 ニホンサービス

・尾崎工業株式会社

・有限会社 ハヤシ設備

・(有)水月

・日本中央交通株式会社

・三建工業株式会社

・鳥居(稔)石材店

・株式会社 たげんご

・農業生産法人 磯田園製茶株式会社

・美容室 BE-CRAFT(ビークラフト)

・株式会社片岡機械製作所

会社名など興味のあるキーワードで検索してください。

青経連とは

岡崎市

岡崎ビジネスサポートセンター